夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医療品メーカー

 

宇津救命丸は、創業以来たくさんの赤ちゃんの健康を守ってきました。そしていつしか「夜泣きといえば宇津救命丸」といわれるようになり、子供の薬の代名詞として愛用されております。

   

 

宇津家の初代宇津権右衛門は、500年以上続いた下野の国(現在の栃木県)の国主、宇都宮家の御殿医として仕えていました。しかし22代国綱は豊臣秀吉の逆鱗に触れて城を追われ、権右衛門は1597年(慶長2年)10月13日、下野国高根沢西根郷(現在工場所在地)に帰農しました。

以来、村の取立役となり、半農半医の家業の中で村人の健康のために「金匱救命丸」※を創製しました。宇津家は藤原家の流れを汲み、宇都宮家とは縁戚関係にあるという説もあります。救命丸がいつ創られたか年代ははっきりしませんが、 元和年間(1620年)の製薬に関する古文書が残っていることから、少なくともそれ以前であることは確実です。

 

※金匱(きんき)とは「貴重な」という意味があります。

   

救命丸がどうして作られたかは定かでありませんが、旅の僧侶から伝受されたという話が伝わっています。
昔は交通機関もなく旅館も少なかったため、宇津家には沢山の旅人が訪れ、その中には有名な文人・墨客もいました。
また、身寄りのない貧しい人たちも助けてあげたそうです。ある日門の前に旅の僧侶が倒れており、手厚く看護をした
ところ、お礼にと残した一冊の書物の中に救命丸の処方が記されてあったと言われています。これはあくまでお話です
が、実際は豊臣秀吉が朝鮮出兵をしたとき宇都宮家も一緒に出兵したので、それに同行して地元の処方を持ち帰ったの
ではないかと思われます。

当時の古文書が多数残されています。

 

「宇津家の秘薬」金匱救命丸は、近郷近在の人々に分け与えられていましたが、その優れた効能は次第に評判となり、関東一円から全国に広まっていきました。
この頃から江戸をはじめ各所の旅籠や造り酒屋などに置かれるようになり、施薬から置薬※となってますます名声を高めました。その後下野の国の領主となった一橋家に、毎年救命丸を献上したという古文書が数多く残っています。

 

※置薬とは、旅籠や商店に薬を置いてもらい、売れたら後で代金をもらうシステム。薬屋のはしりで、家庭に置く配置薬とは一線を画します。

領主となった一橋家は、徳川の将軍の後継を輩出する御三卿の一つで、特に子供を大切に育ててました。そのため、
救命丸の効き目を信頼し、子供に飲ませていたという記録があります。 そして、万一救命丸が切れたときには、栃木県の
高根沢から江戸の一橋家まで持ってくるようにと、一橋家の御紋付きを提灯を二つ渡されていました。江戸までは100キロ
以上離れていますが、鬼怒川を舟で下り途中で江戸川の舟に乗り換え、秋葉原にあった船着場から屋敷まで馬を走ら
せれば意外に早く着いたそうです。

 

秘薬として作られた金匱救命丸の製法は、代々長男だけに口伝で伝えられ、その調合をする時は製薬信条に従って斎戒沐浴し、当主以外近づけない誠意軒の中で行われました。当時、金匱救命丸の一粒は米一俵の価値と同じと言われていたことから、いかに原料が貴重だったかということが伺えます。

製薬信条:宇津家の当主が製薬をするときの心構えを説いた物で、明治時代まで代々当主はこの教えを守り製薬してきました。  

 

明治に入り、日露戦争も終わって世の中も落ち着いてきた頃、当時東京で最大手の薬問屋が高根沢の宇津家を訪れ、「宇津家の秘薬」であった救命丸をもっと広く世に出したいと申し入れました。この時より現在の流通システムにのって新しい第一歩を踏み出し、製法も近代化され、名称も「宇津救命丸」と変えて大きく飛躍していきました。同時に、当時栄養が悪く虚弱な子供が多かったため、なんとか子供たちの健康を守りたいという願いから、小児専門の薬として販売することとなりました。
宇津救命丸は、現在は厚生労働省の定めるGMP適合工場で厳しい衛生管理の下、最新の設備で作られています。また宇津救命丸の処方は、 臨床データや科学的方法によって裏付けられ、その安全性や有効性が立証されつつあります。

大正時代の制丸機

   

歴史の長い家庭薬(昔からある一般薬)の中には、弊社のように社長の苗字(宇津)と会社名が同じところがありますが、
弊社はちょっと読み方が違います。現在、社名製品名ともに「うづ救命丸」といいますが、もともとは「うつ救命丸」
でした。宇津家の初代は、宇都宮家から宇都(うつ)という苗字を拝命し、その後宇津と改名して「うつ救命丸」を創り
ました。しかし昭和40年ごろ、ラジオ·テレビでコマーシャルを始めた時に、「うつ救命丸」では聞き取りにくいとい
うことから、「うづ救命丸」という読み方に変えたのです。ちなみに家庭薬の中でも社長の苗字・社名・製品名の3つ
が同じというのは非常に少ないです。

※宇津家の家系図 これは宇津家の家系図で、現在の社長はあの徳川家と同じ18代なのです。

 

高根沢工場の一郭に、宇津救命丸の長い歴史に係るいろいろな資料を集め展示しています。 地元の6つの小学校では、宇津資料館と宇津薬師堂の見学が4年生の授業の一環になっています。

史料館入口                雲深堂の看板  

ここには、宇津救命丸の昔からのパッケージが一堂に展示されています。現在のデザインになったのは1945年ごろで、長く親しま れているパッケージが安心感を生んでいます。

   

自然の生薬だけを使って作られている「宇津救命丸」は、創業以来その処方内容はほとんど変わっていません。

写真はイメージです。  

江戸、明治、大正時代の薬を作る道具です。小さな粒を作るため、いろいろな工夫がされました。

   

明治時代に入ってからは新聞、看板を中心とした広告で全国的に有名になりました。また、おばあちゃんからお母さんへ、お母さんからお子さんへと口コミで伝えられ、赤ちゃんのいる家庭で夜泣き、かんむしによく効く常備薬として愛用され続けています。

   

江戸時代から残る長屋門。むかしは茅ぶきでしたが、茅が採れなくなったので平成になって銅ぶきに変えました。

   

宇津家の屋敷の木立の中にあり、江戸時代この中で「宇津救命丸」の調合をしていました。
その処方は「一子相伝」として宇津家の当主からその長兄に口伝えで教えられ、製薬中は誰も
近寄る事を禁じられていました。宇津誠意軒は、今なお当時の佇まいのまま残っています。

工場の東南の一画にあり、薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)が奉られています。
江戸時代に人々が病苦から救われることを願って建立され、栃木県高根沢町の指定文化財と
なっています。総ケヤキづくりで日光東照宮とほぼ同時代の建物で、様式も以ていること
から、東照宮を建てた宮大士がこの辺に住みつき、建てたのではないかと言われています。

天井には龍の墨絵を中心に、56枚の薬草の絵が描かれています。
紫陽花(あじさい)や朝顔の絵は今でも鮮やかさが残っています。

宇津薬師堂では昭和の中期ごろまで、毎年8月9日の薬師の日に、人々の健康を祈願して一万燈祭を行っていました。
当時は境内で芝居や映画を上演したくさんの出店も出て、この日を楽しみに遠方からも沢山の人々が集まってきたそ
うです。 2012年に約50年ぶりにこのお祭りを再開し、多くの家族連れやむかしを懐かしむお年寄で賑わい、県知事
や町長もご来場されました。
一万燈祭とは「一万の灯をともして人々を導く」という仏教用語で、お祭の夜に沢山の灯燈を立てたことからなぞら
れて命名されました。