夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医療品メーカー

ご挨拶

当社は、慶長2年(1597年)、初代宇津権右衛門によって創業されました。
当時権右衛門は、貴重な宇津の秘薬(現在の宇津救命丸)を
「施薬」といって地域の人々の健康のために無料で配っておりました。
以来400年以上、宇津救命丸は沢山の方々に愛用されており、
その小さな粒にはすぐれた効き目と共に、長い間の経験と信頼が詰まっています。
現在はその経験を生かし、宇津救命丸の原点である創業者の「人々の心と体の健康に貢献する」
という理念の元に多品種に渡った医薬品等を開発し、販売致しております。
今後とも宇津救命丸の製品をよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。